大阪プリザーブドフラワー&アーティフィシャルフラワースクール

ローズウッド油について

当社の無添加洗顔石鹸のメイン成分にも使用されているローズウッド油ですが、どのような油かご存知でしょうか? ローズウッド油は、香水業界では古くから有名な精油です。 このページでは、知っているとローズウッドの香りをさらに楽しめる、ローズウッドの特徴や効能などの知識についてご紹介いたします。

・ローズウッドの生息地と特徴

ローズウッドは、南米アマゾン川流域の亜熱帯地域に生息する常緑樹で、樹高は40メートル近くに達する大きな樹です。 野生林の伐採のため貴重な植物となり、現在では手厚い保護の下置かれています。 原産国の1つであるブラジルの政府は、ローズウッド1本伐採するたびに1本植樹をしなければならないという法律を制定して資源保護に努めています。

・香りの特徴

樹木系の精油は、ティートリーやユーカリのようなスッキリした清潔感がある香りとシダーウッドのように木材を感じさせる香りがありますが、ローズウッドは異質で薔薇 のようなフローラルな芳香を放ちます。そのため、ローズウッド(薔薇の木)の名前が付けられていますが、植物種は薔薇とは全く異なります。

(ローズウッドはクスノキ科、薔薇はバラ科です)

・精神的作用

中枢神経を安定させる作用があり、体全体のバランスを整える働きがあります。 精神的に疲れた時、気分が滅入った時など、ローズウッドの香りを嗅ぐと、元気づけ気持ちを高揚させて明るくしてくれます。

・肉体的作用

ローズウッドは、頭痛に効果をあらわすアロマオイルとされています。普通の頭痛を和らげるだけではなく、吐き気を伴うような頭痛にも効果を期待することができます。 精神的な疲労からくる頭痛にも、優れた作用を発揮してくれます。 また、ローズウッド精油は皮膚細胞を刺激して細胞を再生作用があるため、収れん作用と共に傷口や炎症を起こした肌に役立ちます。そのため、化粧品にもよく利用されている精油です。

バランスを整えるという特性と、加湿作用や皮膚に潤いを与えるため乾燥性の湿疹、赤ら顔、シワが気になりはじめた老化肌へ役立つとも言われています。

無添加洗顔石鹸はコチラで