大阪プリザーブドフラワー&アーティフィシャルフラワースクール

プリザーブドフラワーの歴史

現在、多くの女性に人気を集めているプリザーブドフラワー。プリザーブドフラワー教室も全国各地で開かれ楽しんでいる方がたくさんいます。

しかし、プリザーブドフラワーの事をあまり知らないという方も中にはいるのではないでしょうか。
それもそのはず、プリザーブドフラワーの歴史は非常に新しく、誕生してからまだ20年しか経っていないからです。
そこで、プリザーブドフラワーの歴史について紹介したいと思います。

プリザーブドフラワーを生み出したのは、1991年にフランスのヴェルモント社がプリザーブドフラワーの開発に成功し「長寿命の切花製法」の世界特許を取得しました。

そして、このプリザーブドフラワーの生産を期に各メーカーも動き始め、各メーカーが生産を競争することで、当時の生産技術よりもカラーバリエーション、加工のクオリティーも向上していきました。

プリザーブドフラワーの普及の中心にいたのが、クリスチャン・トルチュやケネス・ターナーなどフラワーデザイナーが、相次いで作品にプリザーブドフラワーを使ったことにより、あっという間にヨーロッパ全土から日本を含む世界に広まりました。

そして現在、新しい種類のプリザーブドフラワーが次々に誕生しています。今後もさらに技術が進み、新しい種類のプリザーブドフラワーが増えてくるでしょう。

日本では、2000年頃から花屋などで売られるようになったといわれています。プリザーブドフラワーは、保存状態がよければ十数年も保存できることから、枯れないという特徴があります。

また、生花に比べて軽いという特徴もあります。そうした長所を持っていることから、結婚式の際のウェディングブーケ、或いはテーブルフラワー等として多く利用されています。

プリザーブドフラワー教室で自分だけのオリジナルのプリザーブドフラワーをアレンジして楽しむことができるのはとても魅力的ですね。さらには自分でプリザーブドフラワーを作れるようにとプリザーブドフラワー作製液も普及されています。この作製液があれば薔薇に限らずオリジナルの花が作れる上に、オリジナルの好きな色に染めることができ、自然界では、本来存在しない色合いも作り出すことができます。