大阪プリザーブドフラワー&アーティフィシャルフラワースクール

生花、造花、手作りブーケについて


結婚式用に、ブーケの手作りを考えている方はいませんでしょうか?
実際ブーケにはどのくらいの費用がかかるのか、どんなブーケがいいのか、実際のところ分からないという方もたくさんいるのではないでしょうか。
こちらでは、生花、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワー(造花)手作りブーケの違いについてご紹介したいと思いますので、是非参考にしてみて下さい。

《生花について》

生花は生きているお花ですので、水分調整や直射日光によってしなびれてしまうことがあります。こういった手間がかかるので、造花よりはやや割高となっているのです。

また、結婚式後にそのまま使うには加工しなければ枯れてしまいます。しかし、押し花やブリザーブドフラワーにすることで、思い出として飾ることができます。柔らかさと、みずみずしさ、ほのかな香りは生花の最大の魅力ではないでしょうか。

《プリザーブドフラワーについて》

プリザーブドフラワーのブーケはまるで生花のように美しく、見た目もとてもゴージャスです。また、もともと本物のお花を加工しているのでとても繊細です。

お持ちいただく時にはとても注意が必要なのが難点ですが、結婚式後には専用ケースに入れてお飾りいただけるのも魅力の一つです。大切な思い出になります。

《アーティフィシャルフラワーについて》

アーティフィシャルフラワーとは高級造花の事です。近年は人気や需要がとても増えて来ました。枯れる事もなく、丈夫なアーティフィシャルフラワーはブーケにピッタリの花材だと言えるでしょう。

お花の種類もとても豊富で好きなお花を季節問わず、ご自分のお好きなブーケが本物そっくりにお作りいただけます。
結婚式後には最高の思い出として残せますし、お部屋のインテリアにもなります。お色直しに用いる花嫁様も多いようです。またお揃いの花冠をセットでお作りする方も多いようです。

《手作りブーケ》

最近はブーケ手作り教室でブーケを作られる方が多いのですが、全体のイメージとブーケスタイル、使いたいお花を決めるだけで手軽に作れるのと、自分なりのアレンジを入れられるところが注目を浴びています。

手作りブーケなんて難しいと思われる方もいらっしゃいますが、お教室でお作りいただく場合はプロの先生がしっかりとサポートしますので初心者の方でも満足のいくブーケに仕上がります。

費用面でも生花や結婚式場でご用意されるブーケと比べてお手頃なところが最大の魅力ではないでしょうか。


手作りブーケの購入はコチラから